環境取り組みを考えるMOTTO/リサイクル2.0を超えて

MOTTOエコ通信

毎月お届けする「MOTTOエコ通信」MOTTO株式会社の最新情報やお客様の声を毎月元気にお伝えしています!

今月のエコ通信

目次:   エコ通信   Vol.11

  • TOPICS
    • 「緑の地球ネットワーク」の皆さんとの植林活動報告
  • 編集後記
    • エコ通信担当・広瀬智子の編集後記

TOPICS

【中国植林活動に行って来た様子をお伝え致します。】

3月29日〜4月2日に、MOTTOが植林活動の支援をしているNPO団体「緑の地球ネットワーク」の皆さんと中国大同市へ金と共に植林活動に行ってまいりました。

いきなり問題が発生・・・

出発初日の早朝、我が家からガラガラと荷物を引きずり最寄り駅に向かい成田リムジンに乗ろうとした所「えっ?バス停どこ?」「確かネットで確認した場所はこの辺だったのに・・・」「見つからない!」「ヤバイ!」やっと壁の向こうにバス停を見つけた時はすでに発車した後で、なんと乗り遅れてしまいました。普段から自分で運転して成田に行っているので公共機関での行き方がさっぱり判らない私は頭が真っ白に・・・成田って・・・「ヘイ!タクシー成田まで・・」ちょっと映画みたいでかっこいいとは思ったものの「やっぱり電車だよなぁ」と思い直し、でも飛行機に乗り遅れたらどうしよう・・とドキドキしながら旅立ったのでした まぁ無事に飛行機には乗れましたけどね。何とか飛行機に飛び乗った私は成田から出発し、約3時間後北京に到着し関空から来たメンバーと合流。北京空港はとても綺麗でしたよ。空港の外はまだ建設中の所が多く北京オリンピックに向けて頑張っている様ですさて、ここからまた3時間バスに揺られて大同市のホテルに到着初日は移動だけとなりました。

12

黄土高原にある自然植物園に向かって出発

2日目黄土高原にある自然植物園に向かって出発。バスを降りてから標高900m位の所にある事務所まで歩いて行きます。現地スタッフの通訳を金が行い大活躍!李園長の話では10年間の間に10万株の植林を行い徐々に増えてきています。この日は松や楓、ライラック、レンギョウ等約500本の植林を行いました。皆さんから納入していただいた使用済みのストレッチフィルムがこの苗木となって植林活動に活かされているのです。

「緑の地球ネットワーク」代表の高見氏より樹木の生育について説明ここでは日当たりの良い南斜面では木が育たずに枯れてしまうそうです。普通では考えられない事ですが、降水量が圧倒的に少ないので日当たりが良いと乾燥して枯れてしまうのです。

植物園の事務所から全体を見渡せる場所まで移動、これが大変!1200mまでの登山は細く急な山道をひたすら登って行きます。勿論翌日は筋肉痛でした。でもこの壮大な景色は見事です。

黄土高原はとっても寒いです。寒暖差が20度位あることも度々です。日本では桜が満開な頃でしたが、訪中した時は現地では雪が降っていました。今はまだ冬なので、辺りは茶色の世界ですが、春になり夏になればもう少し緑が溢れてくるそうです。植林された木には小鳥が巣を作っていました。

3

4

5

6

 

大同市の中にある上北泉村を訪問

10年前までは不毛の地だったこの村は植林と手入れを繰り返し今では唯一市内で評価を得ている村となりました。村民や子供達の熱烈な歓迎を受け感動! 実はこの村に来る途中、大渋滞に遭遇しパトカーの先導をしてもらったにも係わらず2時間も送れて到着したのに、ずっと立ったまま待っていてくれていたそうです。

8 9
10 11 12
 

植林の重要性を再実感!!

黄土高原は地質が悪く、わずかな土と殆どが岩と砂でできた土地の為、雨が降るとその土が流れ出し、どんどん侵食されてしまいます。あちらこちらに削り取られた亀裂が出来ていて、一刻も早く、植林をしないと土も肥えず砂漠化してしまいます。

これは不思議!山の岩肌から砂が流れ出してきています。なぜ、この様な現象が起きているかは判りませんがあちこちで見られました。

13 14
 

最終日

大同から北京に向けて飛行機で移動。行きは3時間かけてバスで移動しましたが、飛行機だと1時間で北京に到着。

15
 

唯一中国で観光らしい体験が出来た懸空寺

山の岩肌にせり出す様に建設されていますが、まるで宙に浮いている感じのお寺です。ここには仏教、儒教、道教の3つの神が祀られているいるそうです。柱で支えれれている様に見えますが、実際はグラグラしていて全く支えになっていない感じです。下を見るのが怖〜い・・・

17

23 18
 

最後の晩餐

毎日食べきれないほど沢山の料理が出るので、思わず食べ過ぎてしまい日本に帰って来て体重を測ったところ2kgも太ってしまいました…「ぱいちゅう」というかなり強いお酒もいただき、植林の疲れも癒された一時でした。ただ今ダイエット真っ最中です。

19
 

金とは北京でお別れ

彼女は中国の実家に里帰り私は翌日から仕事です。

20

おまけ

バスの中で出されたおやつのソーセージなんですが・・・これはやっぱりコピーですよねぇ〜私には不○家のポコちゃんに見えるのですが。

下の写真はコンビニで買ったおやつです。中はスティックビスケットとチョコレートディップと粉末ジュースドラえもんとキティーちゃんのコラボです。

21 22
足裏マッサージ

大同市で最終の夜に街に繰り出し足裏マッサージを受けて来ました。夕方のうちに店の営業時間や料金を確認しておき、夕食がすんだ後に6人で出動し ました。
ところが着いてみると店は真っ暗!電気がついていないのです。「えッ 怪しい店だった?」「まさかねぇ〜」中に入って確認すると、たまたま停電になってしまったとか私と金の2人以外はかなりビビッていましたが、ロウソクの灯りで案内してもらいながら店内へ足裏だけでなく手や肩もマッサージしてもらえたので、黄土高原登山の筋肉痛を癒すにはとっても気持ち良かったでした。約1時間位でしたが日本円にして700円位とリーズナブルな価格で全員大満足でした。

アクシデント・・・

最初が最初だっただけにアクシデントも山盛りでした。初日、北京空港に到着しましたが、関西空港から合流したスタッフの荷物の1つが中々出てこなくて1時間位待たされたり。

上北泉村では農家で飼っていた犬に1人の男性が咬まれてしまい急遽病院で破傷風の注射をうってもらったり。これはちょっとビックリしてしまいましたね。キズは大した事はなかったのですが、念のためにも必要です。日本は狂犬病はなくなりましたが、まだまだ中国にはありますので皆さんも海外では気をつけてくださいね。

何と言ってもトイレ。ホテルは大丈夫ですが・・・さすがに農家やドライブインでは・・・日本は恵まれていますね。

このページのトップへ

エコ通信担当・広瀬智子の編集後記

23

今まで広瀬智子のエコ通信をご覧頂きましてありがとうございました。一方的に勝手な内容でお送りしていましたが、今号をもちまして最終号となります。 皆様からは色々ご意見もいただき、私も本当に感謝しております。ゴルフの飛距離の出し方・・・少し上達し今では180ヤードまで飛びます。ギックリ腰・・・ご心配をおかけしましたが、すっかり良くなりました。突然の取材など、大切なお時間をいただいたりとご協力を賜り、本当にありがとうございました。

今後は西東京流通株式会社の人材事業部にて頑張ってまいります。以前在籍していた部署なので、元の古巣に出戻りとなります。今後は恐らく私の意思を引き継いで後任者がもっと楽しい通信をお届け出来るかと思いますが、今後ともMOTTO株式会社とスタッフ一同を宜しくお引き立て賜ります様、重ねてお願い申し上げます。

ありがとうございました。

このページのトップへ